ユーリの今読んでる本
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手する
posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
WORK in

3月29日、30日に拍手を下さった方、ありがとうございます。
30日に耳たぶの理由の記事とCongratulation!の記事に拍手を下さった方、ありがとう
ございます。

オヤジ書かせたらうまいなー。
実年齢的にはそんなにオヤジってわけじゃないんだろうけど、オヤジくさい人を書くのが上手。

表紙の2人のお話だけかと思いきや、この2人は割とあっさりくっついて、そこからスピンオフが
発生してます。
実はこのスピンオフの大道具×タバコ屋カップルの方がメインみたいな感じ。

私は最初のリーマンカップルのお話の方をもっと詳しく読みたかった。
なんか慌しくくっついちゃった感があるので、もっと紆余曲折が欲しかったような。

拍手する
posted by: ユーリ | 鈴木ツタ | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) |-
僕の知るあなたの話

12日、13日、14日に拍手を下さった方、ありがとうございます。

ヤクザのオヤジ×若いホスト

とくれば、これはもう無条件に若いホストの方が受けになると思いがちなんですが、
その予想をあっさり裏切ってしまうのが鈴木ツタさんなのでした。

普通はね、萎えるんですよ。
受け攻めが自分の予想と反対だと。
ましてやオヤジ受け。
でも面白いんだよこれが。

ヤクザのオヤジはヤクザらしくオラオラしてるし、ホストの子は天然でポヤンとしてて
性格的にもやっぱり受け攻め反対なんじゃないかなあと思うの。
だから絡みのシーン見てても何となく違和感があるわけです。
でも最後まで読むと、まあこれでいいのかと納得させられてしまう、これはもう力技。

このお話の中でもう一組渋いオヤジとホストというカップルが出てくるんだけど、
これもあえて明記はしてなかったけど、受けはオヤジの方なんだろうなと思う。

最後のお話も面白かった。
作者の中で受け攻めが決まらないまま書き終えたというリーマンのお話。
この人は飄々とした人物を描くのがすごく上手。

拍手する
posted by: ユーリ | 鈴木ツタ | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) |-
あかないとびら

5日に拍手を下さった方、ありがとうございます。

これはー…ちょっと微妙だったかな。
萌えと萎えが交互に来て、最終的には萌えられなかった。

表題作の受け、開き直りすぎだろー。
そんなに嬉しそうにくわえてはいけません!
もう少し恥じらいを。

いや、この人の書く黒髪受けはすんげー色っぽくて好きなんですけどね。
誘い受けよりは流され受けっぽい方が好みかもしれん。

拍手する
posted by: ユーリ | 鈴木ツタ | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) |-
この世異聞 其の参

23日、24日、25日に拍手を下さった方、ありがとうございます。

新章突入。
昭×セツカップル好きだったんだけどな。もう出てこないのかな。

昭×セツ編のスピンオフの館長×鳩木カップルのお話もあり。
館長ムチャクチャかわいいわ。
オヤジ受けあんまし好きじゃなかったんだけど、新境地開拓。

そして新章。
新たな守り神、クラヨリ様登場。
前回のセツは犬だったけど、今回のクラヨリはおキツネ様。
耳がピヨピヨしてて尻尾がフッサーラで可愛い。
しかしこの紡×クラヨリ編はまだちょっとしか話が進んでないので展開がよく分からず。
なんかどっちも受けっぽいんだよね。
二人でいると百合カップルみたい。

拍手する
posted by: ユーリ | 鈴木ツタ | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) |-
この世異聞 其の弐

20日に拍手を下さった方、ありがとうございます。

オクでゲットした2巻目。

セツは態度悪くてエラそうだけど、何だかんだワンコなんだな。
昭を守るという使命にはやたらと忠実。

そんで、やだやだ言いながらもセツにはまっていく昭。
流され受け?ともちょっと違うような。

昭×セツ編、一段落です。

セツのアソコは犬型なんだ…
確かにうちのワンコも交尾のとき抜けなかったな。

拍手する
posted by: ユーリ | 鈴木ツタ | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) |-
この世異聞
評価:
鈴木 ツタ
リブレ出版
¥ 600
(2006-11-10)

18日に拍手を下さった方、ありがとうございます。
17日に花咲ける青少年の記事に拍手を下さった方、ありがとうございます。

ものっそ萌えた。
ケモ耳耐性出来過ぎちゃって、最近では大好物になってきたな。

狗攻めと病弱受け。
人外のセツが、口は悪いし態度も素っ気ないんだけど、実は昭に甘々でメロメロなのがいい。

この本、いつも行ってる本屋で1巻と3巻だけ平積みになってて、何で2巻はないんだろうと
疑問に思いつつ、とりあえず1巻だけ買ってみた。
それがすげー面白かったので書店で2巻を探してみたけど、どこにもない。
仕方ないのでアマゾンでと思ったら、なんと在庫切れ。
中古を見たら値段がやや高騰している。
こうなるとかえって意地になって、何としてでも2巻が読みたい。
んなわけで、オークションで速攻落札して手に入れました。

2巻は増刷予定ないんかな。
できればオクではなく、売り上げに貢献したかったよ。

拍手する
posted by: ユーリ | 鈴木ツタ | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) |-