ユーリの今読んでる本
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手する
posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
Lamento-BEYOND THE VOID-DRAMA CD Vol.3

5日、6日に拍手を下さった方、ありがとうございます。

やっと聞けたー!

バルド、いいエロオヤジだった。
コノエもいいエロ女将っぷりだった!

ゲームのときもそうだったけど、やっぱりバルドが集大成の一番いいところをかっさらって
いくんだね。年の功か。
藍閃の街にも活気が戻ってきて猫たちも元気そうだし、コノエも街の暮らしに慣れたみたいで
えがったわー。
みんながそれぞれの問題に一応の決着をつけて、新しい人生を歩み始めた。そんな感じの
大団円でした。
期せずして幼な妻を娶ってしまったバルド、老体にムチ打ってこれからも頑張ってください(笑)

しかし、ライ編とアサト編がなぜこのクオリティで作れなかったのか。
それが非常に悔やまれる…!

そういえばこの間、今日からマ王!を見ていてすごい衝撃を受けた。
何が衝撃って、自分の注意力のなさに。
いつもコッヒーダンスに目を奪われていて、声優さんが誰だとかあんまし見てなかったんだよね。
もともと声優さんの名前見てもよくわかんなかったし。
でもこの人の名前は知ってたよー。(ラメやって初めて知ったんだけど)
コンラッド役森川智之って。ライ=コンラッドだったんだ…

今頃気付いた私って大バカ。
何年マ王見続けてきたんだよ自分。
まあ、今日からマ王!はファーストシーズンこそすげー面白かったんだけど、サードシーズンの
今期となってはもはやグダグダで、コンラッド見たさに惰性で見てたようなもんだったんだけどさ。

声優さんには執着はないけど、この人いい声だなーとか、好きな声だなーっていうのはある。
その理想がコンラッドの声だったんだよね。
道理でライの声聞いてうっとりしたはずだわwww

今度からはもうちょっと声優さんの名前に気をつけてみよ。


今日は一緒に注文したポチ袋のコンビニラメントも読んだ。
いやもういろんな意味で萌えまくりました。茶屋町さん本当にありがとう。

今日は充実した引きこもりの休日でした。
雪祭りの期間中はあんまり街中に出たくないので引きこもりを決め込んでるわけですが、
明日もこのCDとポチ袋で十分萌えられそうです。

拍手する
posted by: ユーリ | BLゲーム | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) |-
咎狗の血(PCゲーム版)
JUGEMテーマ:BLゲー


そして咎狗もやった。
これはついこの間までやってた。
テキスト的には短かったのに、フルコンプまで半月以上かかった。


結論から言うと、はまらなかった。


フルコンプした時に、私の萌えは誰かの萎え、誰かの萌えは私の萎えという名言が私の頭をぐるぐると回っていた。
いや、萎えたわけではなかった。
だけど、単純にはまらなかった。
ストーリーにはすごい引き込まれたけど、萌えなかった。
ずぶずぶと萌えはまりたかったのに、はまれなかった自分が残念で仕方なかった。


ケイスケルートでは萌えられないだろうというのは、漫画を読んだ時点で予想できた。
実際にゲームをやってみてもケイスケはダメだった。


茶屋町漫画ですごく印象の鮮やかだったリン。
そして、一部では今や咎狗のメインルートのように語られているシキアキルート。
この2ルートがすごく楽しみだった。


でも、リンは中の人の声が生理的に受け付けなかった。
そして、これで確信したのが、私はリバが苦手。
頭が固いからなのか、今まで受けだった人が攻めにまわると、違和感を覚えて仕方がない。
受けはずっと受けのままで、というのが理想。
でもボブゲにはリバ多いみたいだから、次に何かやる時はリバなしを探さなくてはと思った。
もしくは、この私の頑なさを打ち破るほど素晴らしいリバに出会って開眼するか。


そして、楽しみだったシキルート。
うーん。唐突すぎだよ、シキ…
このルートはなんで?なんで?の嵐だった。
これはnルートにも言えることなんだけど、展開が唐突すぎて、すごい置いてきぼり感を味わった。
シキはアキラのこと好きなんだよね?いつ?どこで?どうやって惚れたの?という疑問が沸々とわいてきて、釈然としないままルート終了。
やっぱり、気持ちが通じ合ってるのが分かりやすく伝わってこないとダメなんだな、私は。
そういう意味ではおいちゃんルートが一番良かった。


最後のお楽しみに取っておいたのに萌えられなかった咎狗だけど、もちろんプチ萌えしたところはある。
やっぱりアキラは可愛かったし、大人リン良かったし、ナノにもちょい萌えしたし、自分の中のオヤジ属性発見したし。


この絵師さんってもう退社してるんだよね。こんだけ萌える絵書くのにな。残念。


一気に2つボブゲをやってみて、人の萌えどころ、萎えどころってまさに千差万別なんだなーと思った。
私はLamentoの方が好みだったけど、おそらくこのブランドのカラー的にはLamentoの作風は邪道な部類なんだろうなと思う。
まあでもNitro+CHiRALでメインストリームじゃなくても私は萌えたからいいんだもん。


そんなわけでLamentoの関連サイトをまわって萌えを補給しつつ、新たにはまるボブゲを探して情報収集してる毎日です。


 

拍手する
posted by: ユーリ | BLゲーム | 12:42 | comments(0) | trackbacks(0) |-
Lamento -BEYOND THE VOID(PCゲーム版)
JUGEMテーマ:BLゲー


そんな経緯でLamentoやってみた。                                                    
ボブゲデビュー。                                                             
                                                                              
感想。                                                                         
                                                                              
萌え転がった。                                                                 
                                                                              
ゲーム前→ネコ耳かよ…                                                        
だったのが、                                                                  
ゲーム後→ちょwww何このネコ耳テラカワユスwww尻尾かわいいよ尻尾                      
にあっけなく180度方向変換してしまった。                                               
                                                                              
何しろ初めてのゲームだったもんで、よく巷で言われている、ルート分岐までが      
だらだら長いとか、判子だとかは全然気にならなかった。                          
こんなもんなんのかな〜くらい。                                                
スチルという言葉さえ知らなかったくらい疎かったしなー。
                                                                              
要領も分からないし、仕事から帰ってきてから1〜2時間くらいしかできないしで    
フルコンプするのに一ヶ月近くかかった。                                        
8月のほとんどをLamentoで費やしたわけだけど、このゲーム嫌いな私が      
外出もしないで休日もゲームに勤しんでたもんだから、友人から驚かれた。          
そうやって引き籠もっているうちに北海道の短い夏は終わってしまった。             
                                                                              
全ルート終わってからいろんな攻略サイトを回ってみたら、どうやらベストな順番で  
進んでいっていたらしい。                                                       
                                                                              
最初はアサトルート。                                                          
うん。可愛いかった。                                                          
サンプルボイスで違和感を覚えた無愛想な2匹の声も、性格が分かってくるとともに  
気にならなくなった。                                                          
茶屋町漫画の印象通り、全体的に初々しくて非常に好ましい2匹でした。            
尻尾絡めるのエロかった。                                                       
                                                                              
萌えるもんかと思っていたライルート。                                          
ここで不覚にもずっぽりはまってしまった。                                      
ライの中の人の声がすごい良かった。                                            
声優とかよく知らないんだけど、ググッてみたら帝王と呼ばれてる人らしい。        
声だけでもウヒャーって思ってたのに、コノエに名前たずねる時のあのニラニラ              
見下ろしスチルですっかりやられちまった。                                      
ここまで来たら、もう萌えたもん勝ちだと思って開き直った。                      
あとはもう坂をヌッコロガッタ。                                                       
                                                                              
お香!お香!発情期!発情期!エロい!エロいよー!                              
毛繕い!毛繕い!もふもふもふもふもふもふもふもふもふ!                        
もーコノエタンも負けず嫌い!                                                       
ツンデレマンセー!馬鹿猫!馬鹿猫!                                            
もう2匹でずっとバカップルやってて下さいよ!                                   
                                                                              
そんで最後にバルドルート。                                                    
疲れたオヤジかと思いきや、ただ者ではなかった!                                
ライルートほどではないけど萌えた。                                            
年の差と体格差に。                                                            
発情期、エロかったなあ。                                                      
厨房で蜂蜜と言葉責め。                                                        
中の人もキャラメル声で非常に良かった。                                        
ラスボス対決ではライもキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!だったし、        
総まとめルートみたいな感じでスカッと非常に気分良く終われました。              
そして、へたれオヤジを叱咤して引っ張ってく漢なコノエにも再萌え。               
                                                                              
コノエはお花ちゃんと漢っぷりのバランスがよかったなー。                        
総受けなんだけど受け受けしくなく、ちゃんと男の子してて、でもどこか儚げで。    
いろんな所で言われてるけど、悪魔転化の羊コノエと女将コノエすげー可愛かった。   
                                                                              
もちろんこのゲームで初めてバッドエンドを体験したんだけど、今まで              
自分は割とノーマルなBL読みだと思ってた。甘甘が好きな感じの。                
でも、陵辱エンドにまで萌えた自分は意外と鬼畜なんだなと思った。                
新しい属性発見。                                                               
                                                                              
そんなわけで、私のBLゲーム初体験はディープインパクトでした。                

拍手する
posted by: ユーリ | BLゲーム | 13:29 | comments(0) | trackbacks(0) |-