ユーリの今読んでる本
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手する
posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
いとし、いとしという心2

一巻から思ってたけど、千秋のキャラが「透過性恋愛装置」の愛すべきアホ王子受け、
北嶋にかぶってしまって、やたらと感情移入してしまった。
千秋のキャラはもっと理路整然としていて、やることが全てギャグに見えた北嶋とはちょっと
違うけど、ひねくれてて頭が良くて、見た目は王子様で、計算高いところがまた可愛くて、
好きな人を振り向かせるためにジタバタ走り回るところがそっくり。

最終的には千秋の想いは通じたようだったけど、二人の関係がもう少し踏み込んだ
関係になるまで読みたかった。
個人的には過去編より、現在のお話にもっと焦点をあてて欲しかった。

拍手する
posted by: ユーリ | かわい有美子 | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) |-
いとし、いとしという心

京都が舞台のお話。
名門旅館の跡継ぎと×紙司の跡継ぎ
二人とも着物率が高くて、京ことばがおっとりしててすごく情緒があります。

この人が描く一見清楚な美人さんだけど、実は淫乱という受けが相変わらず
うまいなあと思って読み進めていったんですが、徐々にどう足掻いても受けに
振り向いてもらえない攻めがかわいそうになってきて、最後は攻めに思いっきり
感情移入してました。

受けは攻めの夭折したお兄さんがずっと好きで操を立て続けて、攻めは死んでもなお
受けの心を捉えて離さない兄に嫉妬しつつも憎んで、どうあっても受けを自分の方に
振り向かせようと、ありとあらゆる手を尽くす。
時には人でなしなこともしたりするんですが、押しても引いてもどんな手練手管を使っても、
受けには全く振り向いてもらえない。
徐々に自分の中で、可愛い顔して小ズルイ=受け、イケメンなのに健気=攻めという
構図になってきて、受けにイラつくという始末。

ラストも結局両思いにはならず、受けの気持ちが少し傾いてきたかなあという程度で
終わる。
受けが、攻めと関係を持つことに対して終始必要以上に嫌悪感を感じてるのがすごい
気になった。
こういうのは、徐々にほだされていく過程が好きなんだけど、そういうのもなかったなあ。
次巻があるらしいので、次巻に期待。
最後の雨降り散歩のキスシーンは良かった。

拍手する
posted by: ユーリ | かわい有美子 | 10:07 | comments(0) | trackbacks(0) |-
透過性恋愛装置
評価:
かわい 有美子
笠倉出版社
¥ 900
(2007-05)

15日に拍手を下さった方、ありがとうございます。

ちょっとw
こんなに性格悪くてアホな受け初めて見たわ。

この作品、ずっと前から読みたいと思ってたんだけど、私の中では頑なに上海金魚を
読んでからこれを読むと決めていた。
もう読むことはないかもしれないと思い始めてたんだけど、今回読めてよかった。

リンク作ということで、どうしても上海金魚とくらべてしまうんだけど、しっとり魔性受けだった
水端に対して、北嶋は完全にアホの子。
雰囲気もガラッと変わってラブコメ。
北嶋にかかると、滝乃×水端カップルもコメディの一部になってしまう。
なんか、周りを巻き込むあのパワーがすごいと思ったよ。

いや、すっごい面白かったんだけどね。
今まで基本的にアホ受けは回避の傾向にあったので、今回初めてまともにアホ受けを
読んだ。
うん。恋は性悪高飛車我がまま王子を可愛い乙女に変えてしまうんだわ。
読んでて4〜5回は泣いたと思うんだけど、何でこんなに泣いたかっていうと、最初に
北嶋の性格が救いようがないほど最悪だったのが肝だったと思う。
「あの」北嶋が、プライドも何もかもかなぐり捨てて牧田に突っ走るところが健気で
いじらしくて泣けてくるんだ。
こんな成長もののアホ受けならいいなあ。

挿絵も最初は微妙かもと思ってたんだけど、最後にははまってた。

ただ、牧田の年齢設定が、あんなに落ち着いて貫禄あるんだったら40才くらいでも
よかったような気がする。

拍手する
posted by: ユーリ | かわい有美子 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) |-
上海金魚
評価:
かわい 有美子
笠倉出版社
¥ 900
(2003-05)

12日、13日、14日に拍手を下さった方、ありがとうございます。
13日にセックスフレンドの記事とやっと!の記事に拍手を下さった方、ありがとうございます。

いや〜。期待を裏切らなかった。
一日中雨の休日にこういう良質のお話を読むのは最高に幸せな時間です。

ものすごいドラマチックな展開があるわけじゃなく、淡々と物語は進むんですが、
読み終えた後に数々の印象的なシーンが何度も瞼の裏に浮かびます。
こういう余韻が残るのはいいお話の証。

ここの評価では星5つまでしか付けられないけど、あと星何個かプラスアルファしたい。

地味だけど落ち着いたお話が好きな方にはおススメ。
もう入手困難になるようなことはないのかな?

拍手する
posted by: ユーリ | かわい有美子 | 10:42 | comments(0) | trackbacks(0) |-