ユーリの今読んでる本
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手する
posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
イルゲネス〜黒耀の軌跡〜5

素晴らしい両想いエンドでした。ありがとうございました。

新シリーズに続くと知ってホッとした。
これで終わったらあらゆるフラグを放り出したままになってしまう。
あのあとエスがどうなったのか気になる。

拍手する
posted by: ユーリ | 石据カチル | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0) |-
イルゲネス〜黒耀の軌跡〜4
評価:
石据カチル,桑原水菜
マッグガーデン
¥ 600
(2010-01-09)

11日に拍手を下さった方、ありがとうございます。
同じく11日に炎の蜃気楼の記事に拍手を下さった方、最果ての空の記事に拍手を下さった方、
氷の魔物の物語14の記事に拍手を下さった方、ありがとうございます。

ミラージュを絶賛再読真っ最中ということで、ここ数年で最高潮の桑原水菜マイブームの中、
タイムリーにイルゲネス最新刊です。

暗い!!

予想はしていたけど、やっぱりフォンは人造体だったか。
っていうか、この先を読み進めるのがすごい辛くなってきたよ。いや、読むけどさ。
桑原さんて、あとがきとか読む限りではすごく明るそうなイメージなのに、物語は超苦悩型だよね。
もうこの人には何回泣かされたんだろう。

ちなみに、本編読んでからカバーをめくると更に泣けてきます。

拍手する
posted by: ユーリ | 石据カチル | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) |-
イルゲネス〜黒耀の軌跡〜
評価:
桑原 水菜,石据 カチル
マッグガーデン
¥ 590
(2008-06-10)

16日、17日に拍手を下さった方、ありがとうございます。

軍服最高。

これね、ずーっと表紙が気になってたんですよ。
上は1巻の表紙なんだけど、2巻も3巻もすごい綺麗なの。
でもいっつも綺麗だなーとは思いつつ素通りだったんだけど。

今日初めて手に取って、原作者の名前見てビックリして3巻まで全部買っちゃった。
原作桑原水菜じゃないですかっ!
あー炎の蜃気楼シリーズ大好きだったよぅ。

このイルゲネスは公式では非BLになるのかな?
でももうBLでいいでしょこれ。桑原さんだし。
このけしからん表紙でBLじゃないとは言わせないぜよ。

3巻まで一気に読んだけど、2巻の途中から俄然面白くなってきた。
途中までは方向性がよく分からなかったの。
士官学校に主席で入学した容姿端麗の主人公を、金持ちボンボングループが僻んで
陰湿ないじめを繰り返すという、ハウス名作劇場のような展開。
これはひょっとしてキャラ萌えしたもん勝ちの話なのか!?と思ったけど、桑原さんだし
絶対このあと何かあると信じて読み続けた。
2巻でジャニスのクローンのエスが出てきてからが、物語が本当に動き出したような
感じで面白くなる。
他人とは簡単に馴れ合わないフォンが、どうしてエスとはあんなに早く打ち解けられたんだろう?
確かにエスはいい子のようだけど。

今のところ3巻まで出ていて、主人公たちが国の体制に疑問を持って革命グループを
立ち上げるところで終わる。
革命グループったって、まだ士官学校の仲良し4人グループなんだけど。
まだ続巻あるけど、全何巻くらいになるのかは全く予想がつかない。

このお話はあくまで主人公の士官学校時代の話であって、どうやら本編は13年後らしい。
そこまではコミカライズしないのかな。
とにかくね、作画担当の石据カチルさんの絵がすっっっごい綺麗なんですよ。
主人公を筆頭に登場人物みんな美形ばかりでハァハァです。

最近ちゃんとしたBLばっかり読んでたので、こういう脳内補完系は新鮮だなー。
補完しなくても、手錠とか押し倒しとか結構嬉しいサービスショットあるんですけどね。
腐った妄想がむくむくと湧き上がってますが、ここには吐き出さずに脳内にとどめて
おきます。

買おうか迷っている方、とりあえずは3冊まとめて買って一気に読んじゃってくださいな。

拍手する
posted by: ユーリ | 石据カチル | 06:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-