ユーリの今読んでる本
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手する
posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
是−ZE−10

いま猛烈に1巻から読み返したい!が、友達に貸してるのであった・・・

1巻からずっと和記の口から出てきた思わせぶりなセリフの数々の謎がようやく
明らかになってきた。まだぼんやりといった感じだけど。
あれはこういう意味だったのか!というアハ体験が多い巻でした。

しかし、まさかのケモミミ展開!
あの子は紺くんの原型?でいいのか?
何かあと2〜3巻かかりそうな展開だけど、泣いても笑っても次が最終巻らしい。
すっぱりとうまくまとめて欲しいもんだ。

拍手する
posted by: ユーリ | 志水ゆき | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) |-
是-ZE-9

6日に闇の末裔の記事に拍手を下さった方、7日に咎狗の血(PC版)に拍手を下さった方、
07-GHOSTの記事に拍手を下さった方、まほろ駅前多田便利軒1の記事に拍手を下さった方、
ミスター・シーナの精霊日記新装版3の記事に拍手を下さった方、8日にほしのこえの記事に
拍手を下さった方、やっと!の記事に拍手を下さった方、由利先生は今日も上機嫌の記事に
拍手を下さった方ありがとうございます。

良かったー!面白かったー!
突っ込みどころは数多くあれど、やっぱりこのシリーズ大好き!
今回はハッピーエンドで一安心だけど、大きな疑問が。
なぜ阿沙利にだけ奇跡が起きたのか。
琴葉の強い血が入ったから?
思いの強さだったら玄間だって相当なもんだしなあ。
氷見と阿沙利の違いは何だったんだろう。

阿沙利には確かに記憶を取り戻して欲しいとは思ってた。だから今回は阿沙利が記憶ごと
復活することができて本当に良かったなーとは思うんだけど、ややご都合主義的な感じが
否めなかったかな。
展開としては氷見のときの方がいっそ潔くて好きだった。

なんて突っ込み入れながらも、次巻楽しみにしてますよ。
なにせ好きだから。

拍手する
posted by: ユーリ | 志水ゆき | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0) |-
是―ZE― ファンブック
評価:
志水 ゆき
新書館
¥ 2,100
(2010-04-24)

5日にLOVELESSの記事に拍手を下さった方、Lamento-BEYOND THE VOID-DRAMA CD
Vol.3の記事に拍手を下さった方、小説家は束縛するの記事に拍手を下さった方、吉田類の酒場
放浪記の記事に拍手を下さった方、夏目友人帳9の記事に拍手を下さった方、壬生狼伝の記事に
拍手を下さった方、ガンダム00セカンドシーズンの記事に拍手を下さった方、不実な男の記事に
拍手を下さった方ありがとうございます。

買うつもりなかったんだけどな〜。
欲しかった本がことごとくなくて、つい買ってしまった。

あんまりファンブックって買わないんだけど、意外と面白かった。
書き下ろしマンガ、きっと玄間×氷見だろうと思っていたら、私の一番好きな守夜×隆成カップルも
割と出張っていたので嬉しかった。あそこはホントいい主従だ(笑)

そして何よりすげー!と思ったのが、アンソロジーを書いている作家の面子。
小説もマンガも何しろ豪華。
マンガは夏目イサクさん、二宮悦巳さん、北上れんさん、小椋ムクさんのが好きだった。
小説は木原音瀬さんのがよかったな。

カラー絵もたくさんあるし、ミニドラマCDも付いてて2100円は結構お徳だったかも。
これは買ってよかったです。

拍手する
posted by: ユーリ | 志水ゆき | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-
是 8巻

22日、23日に拍手を下さった方、ありがとうございます。

いろんなところのレビューを見てて、読むのがコワくなってしばらく8巻を買うのを
ためらってた。
けど、やっと読んだ。
あ…阿沙利がー…

雑誌を追いかけてないので、続きは来年の春までお預け。

この巻は近衛×琴葉編の最終回でもあったんだけど、あのラストのおかげで
全部吹っ飛んでしまった。
一番好きなカップルの雷蔵×紺の話も入ってたけど、彼らの幸せイチャコラも全部
吹き飛びました。

何かねー。
滅びの美学を書いたお話ですよね。「是」って。
一回白紙に戻った氷見は復活して玄間と幸せにやってるけど、阿沙利はどうなっちゃうんだろ。
カップルは雷蔵×紺が一番好きだけど、単独キャラは阿沙利が一番好きなんだよね。
美人さんだし。
それだけにこの展開はツライ。まあ伏線はあったけど。

何とも言えない終わり方なので★のつけようがないなと思ってたんだけどね。
近衛×琴葉カップルって全然興味なかったんだけど、この巻読んでかなり
感情移入したので★5つにしてみた。

拍手する
posted by: ユーリ | 志水ゆき | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) |-