ユーリの今読んでる本
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手する
posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
それなりに真剣なんです。(下)

2日に灼熱を呼べの記事に拍手を下さった方、年下の彼氏の記事に拍手を下さった方、
2010年3月に読んだ本の記事に拍手を下さった方、ありがとうございます。

ベタだけど面白かった!
上下巻一気に読んだ。読後感も良し。脇も良し。

大沢の娘の千都が、前妻のもとへ引き取られていってしまった。
若干シチュエーションは違えど、懐いていた人のもとから引き離される子供の図というのは、
ハイジ以来ずっとトラウマ。
しかもありがちなことに、この前妻というのが、悪い人ではないんだけど、ちょっと考え無しというか、
デリカシーがないというか、自分のことでいっぱいいっぱいになって子供の事まで頭が回らない人。
父親と吉岡が恋しい千都は、これまたありがちなことに母親のもとを逃げ出してしまう。

子連れBLの醍醐味は、こういう子供絡みのすったもんだ(子供が突然熱を出す、前妻との養育権
問題等)を経ながら、大人同士の絆が深まっていくところにあるのでしょうか。
私にはよく分かりませんが。

今回はさくさくっと読めましたが、子連れ設定は基本的に回避してます。
この作品の千都のように、読んでいて全くイラつかない子と、イラつく子の違いは何なんだろう。

拍手する
posted by: ユーリ | 麻生海 | 06:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-
それなりに真剣なんです。(上)

5月28日、29日に拍手を下さった方、ありがとうございます。
5月26日にこの世異聞其の参の記事に拍手を下さった方、男子フィギュア雑感の記事に拍手を
下さった方、千億の夜をこえての記事に拍手を下さった方、ありがとうございます。
27日にそして恋がはじまるの記事に拍手を下さった方、ありがとうございます。
28日に小説家は誓約するの記事に拍手を下さった方、日暮らし上・中・下巻の記事に拍手を
下さった方、吉田類の酒場放浪記の記事に拍手を下さった方、ありがとうございます。
30日に胡桃の中の記事に拍手を下さった方、ありがとうございます。
31日に胡桃の中の記事に拍手を下さった方、ありがとうございます。
6月1日に壬生狼伝の記事に拍手を下さった方、2010年4月に読んだ本の記事に拍手を下さった
方、ありがとうございます。

子持ちBLは地雷なんですよ。
自分でそれを分かっていたにもかかわらず、予約までして買ってしまったのは、麻生海さんの
作品だから。
この人の描く男の人が色気があって可愛くて大好きなんです。

上・下巻同時発売です。
期待を裏切ることなく面白かった!

あっけらかんホモで遊び人吉岡(リーマン)と、ノンケでバツイチ子持ちの大沢(料理人)。
こういう遊び人×生真面目カップルはバランスがよくて好きだ。
大沢の愛娘の千都も、この環境設定にありがちな、しっかりしていて我慢強くて健気という、
いかにもな性格の女の子だったけど、不思議といらない感は全くなかった。

大沢の別れた妻から、再婚することになったので千都を引き取りたいという申し出があったので、
下巻はそのことでひと悶着ありそう。

とりあえずあれだ。
上巻は吉岡からの積極的アプローチが目立ちますが、恋愛関係には全く発展しておりません。
大沢の吉岡を見る目が、軽い遊び人から、意外と誠実でいい人なのかもに昇格したくらい。

これから下巻読みます。


拍手する
posted by: ユーリ | 麻生海 | 19:39 | comments(0) | trackbacks(0) |-