ユーリの今読んでる本
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手する
posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
劇場版機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

刹那スケールでかすぎワロタ

あとはちょいネタバレなのでたたみます

平日の昼間だっちゅーのに、劇場は混んでた。
男8:女2くらいの割合。

お話は――何だろう。
刹那の人類愛みたいな感じか。
壮大すぎて、力技で無理矢理着地点に到達させた印象。
そして最後は花でポカーン

テレビシリーズで出張っていた人たちが余すことなく取り上げられていたので、
一人ひとりに対する焦点の当て方は弱い。
それはマイスター4人にも言えた。
みんな公平に扱おうとして、かえって全員の印象が薄くなってしまった。
特にロックオンとアレルヤはほぼ空気。

モビルスーツにしても、もっとクアンタの出番があってもよかった。
せっかくの新型ガンダムだったのに・・・
刹那がイノベイターになってしまったのが災いして、感受性鋭くなりすぎて
脳細胞やられちゃってストーリーの4分の1くらいはおねんねしてたので、クアンタの
出番は後半のみ。
私は対モビルスーツ戦が好きなんだけど、今回の敵はヒトではなく、人智を超えた
エイリアンみたいなものだったので、お互いが名言吐きまくりながら神経すり減らしてMSで
白兵戦ということがなかったので、それがかなり寂しかった。

それぞれの登場人物に関しては、刹那とティエリアコンビが可愛かった。
コーラサワーは死んじゃったのか?
沙慈がかっこよくなってた。
フェルトがまさかの存在感。
あの途中で死んだイノベイターは何のために出ていたのかさっぱり分からんかった。
おとめ座のヒトにもう少し頑張って欲しかった。

そしてラストのマリナのあの姿はちょっと切なくなった。
刹那はなんで光ってたんだ?

そんで、あの花に包まれた朽ちたガンダムは、もうガンダムに乗る必要のない世界が来た
んだよってことなんだよね。

完結編とは分かっていたけど、これでもうこのシリーズを見ることがないと思うと、やっぱり
かなりさみしい。
何だかんだとあのマイスターたちが大好きだった。
バタバタっと終わってしまったので、もうちょっと余韻が欲しかったな。

あ、あと、これを言ったら話の根幹が崩れてしまうんだけど、あえて言うなら刹那は人間で
いて欲しかったな・・・
最後はなんか神の領域までいってしまった。
いまファーストシーズンのチビ刹那を見ると感慨もひとしお。

追記:
どうもモヤモヤが収まらなかったので、劇場版の感想を書いた人のブログをいろいろまわって
みたんだけど、その中で今回のお話をSF的見地で詳しく解説していた記事があって、それを
読んだら「?????」と思っていたことが一気に解けた。
パズルのピースがあった感じ。あのブログ主さん、どうもありがとう。
もう一回観たら全然違う感想が出てくると思う。

このお話は友人と観に行けばよかったと思う。ここはこういう解釈だよね?と語り合う相手が
欲しい。

拍手する
posted by: ユーリ | アニメ | 23:12 | comments(4) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
拍手する
posted by: スポンサードリンク | - | 23:12 | - | - |-
何て言う記事ですか?

良ければ教えて下さい〜?
| カッパ | 2010/12/18 7:47 AM |
カッパさん
あの時いろんなサイトをざざざーっと見ていたので、今となってはもうどなたのサイトだったか分からないのです。
スイマセン
| ユーリ | 2010/12/18 4:02 PM |
返してくれてありがとうございます?

そうですか…
それなら仕方ないですね!
それではさようならノシ
| カッパ | 2010/12/18 4:17 PM |

だれかー
お話しよ?

エッチなおはなしでもいいよん☆♪
http://mkj90fv.rply.kakusan-twitter.net/mkj90fv/
| にゃん子 | 2011/06/03 1:23 PM |









この記事のトラックバックURL
http://suwa100.jugem.jp/trackback/378
トラックバック